神奈川・東京・埼玉での警備のご依頼お待ちしております。

24時間 365日対応
TEL.042-748-1161

警備業務には4つの種類がある!それぞれの特徴や概要について

日常生活の中で、外を歩けば警備員を見ない日はないというくらい警備員は私たちの生活の中に溶け込んでおります。そんな警備員の業務には、大きく分けて4つの種類があります。

施設警備(1号警備)

施設警備(1号警備)

ショッピングセンター・テーマパーク・駐車場・住宅・ビル・店舗などを警備します。施設警備にも大きく分けて、常駐警備・巡回警備・機械警備の3種類があります。

常駐警備は施設に警備員が常駐して来訪者や車・人の出入管理を行い、巡回警備は自動車や徒歩で定期的に施設内の安全確認を実施するものです。機械警備は防犯カメラや赤外線センサーなどを設置し、24時間体制で施設状況を監視します。

いずれも盗難・火災等の事故の発生を警戒し、防止する業務です。

雑踏・交通誘導警備(2号警備)

雑踏・交通誘導警備(2号警備)

雑踏警備は、祭礼やイベントなど局地的に人が集まる場所を警備する業務です。交通誘導警備は工事現場などで片側通行になっている場所で警笛や旗などを使い、歩行者や車両を誘導します。

いずれも危険のある場所における負傷等の事故の発生を警戒し、防止する業務です。

輸送警備(3号警備)

主に現金を輸送する車の警備を担当します。現金の他にも貴金属や美術品など、襲撃されるリスクの高いものを守る業務です。対象物の出入り時にのみ警備にあたる場合と、運搬中も同行し警備にあたる場合があります。

身辺警備(4号警備)

ボディガードと呼ばれるもので、依頼者に付き添い身辺の警備を行います。自動車やホテルの室内など常に対象者の直近にいる場合と、滞在先の建物の出入口や依頼者が乗車する車に後続する自動車など離れた場所で警備する場合があります。

このように、一口に警備業と言っても様々な種類や役割があります。また対象となる人物も不特定多数であるのか、個人なのか、物を守るのかによって必要になるスキルが異なるのです。警備会社に施設警備と交通誘導警備、雑踏警備を依頼しようとお考えの方は、神奈川にある警備会社神奈川中央警備保障株式会社をご利用ください。

神奈川中央警備保障株式会社は1981年の創業以来、相模原をはじめとした神奈川県央部を中心に活動してきました。その後、東京・埼玉に営業所を設け、千葉を加えた一都三県で警備業務を行っております。

安心・安全・快適を提供するため、日々資質の向上・技術の研鑽・たゆまぬ改善を続けて参りますので、神奈川・東京・埼玉・千葉で警備会社をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。見積りに関するお問い合わせもお待ちしております。

神奈川で警備会社をお探しなら神奈川中央警備保障株式会社

会社名 神奈川中央警備保障株式会社
所在地 〒252-0313
神奈川県相模原市南区松が枝町1番15号
代表者 代表取締役 大澤 明
TEL 042-748-1161
FAX 042-748-7993
URL https://www.kck-security.co.jp/
設立 1981年(昭和56年)2月11日
資本金 1,000万円
認定番号 神奈川県公安委員会 認定第45000029号(県内29社目の認定)
警備員数 250名
提供業務
  • 施設警備
  • 巡回警備
  • 雑踏警備
  • 交通誘導
  • 機械警備
  • 駐車場管理
  • 防犯機器の販売
  • 防犯システム販売
取引銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 横浜銀行
  • 神奈川銀行
  • 城南信金
  • 商工中金
福利厚生 社会保険・労働保険・業務災害保険・衛生委員会(産業医・衛生管理者選任)
pagetop