神奈川・東京・埼玉での警備のご依頼お待ちしております。

24時間 365日対応
TEL.042-748-1161

警備員の役割や警備業務とは?警備員と警察官の大きな違い

警備とは、事務所・社宅・興行場・駐車場・遊園地などにおいて、負傷などの事故の発生を警戒し、防止する業務を言います。また、運搬中の現金などに係る盗難などに関しても、警備員が業務にあたります。警備員と警察官では何が違うのかご存知ですか?

警備員が担う役割

警備員が担う役割

警備員の社会的役割は、非常に大きなものです。警備会社および警備員の役務は警備業法という法律で定められており、お客様との契約により、お客様の生命・身体・財産などが侵害されないように未然に事故や事件を防ぎます。

また、近年の警備業は人の身体や財産だけではなく、公共の福祉にも関わり始めております。例えば、以下のようなものがあります。

  • 交通誘導業務を行い交通事故の減少・渋滞の緩和などを行う
  • 施設警備業務を行うことで窃盗・強盗・放火などを未然に防ぎ地域社会の治安を維持する
  • 祭礼や催しなど大勢の人出がある場所での誘導警備を行う

警備業が提供するサービスは、「安全と安心を提供する」という言葉に集約されます。

警備員と警察官の違い

警備員と警察官の違い

警備員と警察官は制服や業務内容が似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか?警察官は、国家試験に受かった人だけが就くことができる職種ですが、警備員にはこのような特別な資格は必要ありません。

また、警察官は国家公務員として、国民生活の安全や国の治安を守ることが仕事です。そのため犯人を逮捕する権限がありますが、警備員は民間企業の従業員ですので、一般の私人としての現行犯逮捕の権利や施設管理権しかありません。

警備員の業務について理解できましたか?警備員と警察官は制服や仕事内容など似通った部分が多くありますが、権限の違い・資格の有無などの点に大きな違いがあります。

神奈川で警備会社をお探しの方は、神奈川中央警備保障株式会社をご利用ください。神奈川に本社を置く神奈川中央警備保障株式会社では、工場・事業場などでの施設警備業務および商業施設などでの駐車警備業務を行っております。

清潔な身だしなみで、明るいご挨拶、親切丁寧な言葉づかいと態度、安全安心の上に快適さのご提供に努めて参ります。神奈川以外にも東京・埼玉・千葉で対応しておりますので、警備会社をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

神奈川で警備会社をお探しなら神奈川中央警備保障株式会社

会社名 神奈川中央警備保障株式会社
所在地 〒252-0313
神奈川県相模原市南区松が枝町1番15号
代表者 代表取締役 大澤 明
TEL 042-748-1161
FAX 042-748-7993
URL https://www.kck-security.co.jp/
設立 1981年(昭和56年)2月11日
資本金 1,000万円
認定番号 神奈川県公安委員会 認定第45000029号(県内29社目の認定)
警備員数 250名
提供業務
  • 施設警備
  • 巡回警備
  • 雑踏警備
  • 交通誘導
  • 機械警備
  • 駐車場管理
  • 防犯機器の販売
  • 防犯システム販売
取引銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 横浜銀行
  • 神奈川銀行
  • 城南信金
  • 商工中金
福利厚生 社会保険・労働保険・業務災害保険・衛生委員会(産業医・衛生管理者選任)
pagetop