代表者からの挨拶

【経営理念】
社会に安全と安心を届け、他人(ひと)と自分(ひと)を幸せにする。

1981年(昭和56年)2月【人と人の心を大切にする会社】が日本に1社くらいあっても良いのではないかと考え、弊社は創業いたしました。

2012年(平成24年)7月【他人(ひと)に迷惑をかけない自分(ひと)になれ】との言葉を託され、創業者故糸井正吉より襷(たすき)を受けました。

以来、他人(ひと)のお役に立つ自分(ひと)、他人(ひと)に喜んでいただける自分(ひと)になることを皆で誓い、力を合せて取り組んでおります。

警備業は常に、【不測の事態】に備えてこそ、存在をお認めいただける業務であり、もしここで【○○が起きたら】【○○が始まれば】と考えて備えることこそ、私どもの使命であると呼びかけ、加えて不測の事態を起こさないために細心の注意と万全の対策を講じるために、いかなる場合でも【問題意識】をもつことが大切だと認識しております。

また、人のあらゆる行動は【心】が命じ、心の指示に従って忠実に行動することが大事だと考えております。他人(ひと)との営みは【癒し】【癒される】ことで成り立ち、他人(ひと)から温もりをいただいているからこそ暮らし続けていくことが出来、常に他人(ひと)に対する【感謝】を忘れないこと、【相手様を思う心】をもち続けることを指針としております。

同時に、他人(ひと)に優しくする、他人(ひと)を思いやるには、まず自分が幸せでなければなりません。

自分に余裕がなく、自分のことで精一杯という状態では、他人(ひと)にやさしくすることなど出来ないのではないでしょうか。

教育では、まず自分と他人を大切にする考え方、身だしなみ、挨拶、笑顔に始まり、業務別の技術の研鑽へと進みます。特に弊社の得意とする商業施設の駐車場警備業務に於いては、お客様は単に品物を買うだけでなく、【買うまでのプロセスと、欲しいものを手に入れた喜びに浸りながら帰ることが出来る店】と信じてご来店下さいます。

お客様の期待に応え、そしてお陰様で【職場があり、生活が出来ます】という【感謝の心】を込めて、【ありがとうございます】のご挨拶とお見送りをするようにと指導しております。

創業30年を越え、良き伝統はしっかりと引き継ぎ、更なる飛躍を目指し、営業改革として「万引動作検知システム」やこれまで泥棒に【入られてから検知】していた機械警備システムを進化させ、【入られる前に検知する】究極のセキュリティシステムの構築等推進して参る所存です。

何卒ご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。